次のページへ


■■■■■■オーストラリアン ブラック オパール■■■■■■



ブラックオパールは1902年に発見されましたが、あまりの美しさのため、
人工的に作られたものと思われ、当初はディールの対象にもならず
普及しませんでした。

しかし、いったんそうでなく、天然の石とわかると、急速に
もてはやされるようになり今日にいたったわけです。

「ブラックオパールは、真っ黒なオパール?」とよく質問されますが、
ブラックオパールとは、
グレーから黒の地色(ボディーカラー)のオパールの総称で、
けっして表面が黒くみえるのものではありません。

ブラックオパールは、赤、オレンジ、緑、青など、多種な色が混ざり合い、
色のパターンも各石独特なパターンをかもしだしているため、
宝石の中でも稀少価値の高いひとつとなっています。

ブラックオパールは、ニューサウスウエルス州 ライトニングリッジ
鉱山で産出しています。


■ ブラックオパールの評価(グレーディング) ■

ブラックオパールのグレードの基準は、通常
 
オパールのタイプ回折色ブリリアンスパターン(模様)・
透明度シェイプサイズ不純物の有無などの

すべてが評価の対象になります。

特にその中の回折色(輝き)が一番大きな要素をもっています。
グレードの高い、すなわち価値の高いオパールの回折色は、もっとも稀少価値の高い
レッドを含むものから順にオレンジ、イエロー、グリーン、青、紺、紫色となっていますが、
特有のカラーパターンをもつものなどもあり、単純に評価するのは難しいのが現状です。

コレクション価値のある92.5ctあるブラックオパールブローチ 


ブラックオパールは下記のような種類にわけられます。



■ セミブラックオパール ■

ボディーカラーがグレーで、特有の色の濃さを見ることのできるオパール。

↓表側のボディーカラーにもグレーが多少出ています。
セミブラックオパールルース(左)
セミブラックオパールルース(中)
セミブラックオパールペンダント(右)


↓表からはグレーが出ていませんが、サイドからご覧になると、裏がグレーになっています。

セミブラックオパールルース 表から
セミブラックオパールルース サイドから

 

■ ブラッククリスタルオパール■

表面に内部からの色が見られる透明なオパール。
   

ブラッククリスタル
オパール  リング(左)

ブラッククリスタル
オパール ペンダント(中)
ブラッククリスタル
オパール ルースストーン(右)

 

■ ブラックオパール ■

濃い灰色から漆黒の地色(ボディーカラー)で、中にはたくさんの
色が見ることができ、最も稀少価値の高いオパールもあります。

稀少価値の高い
ブラックオパール ルース
稀少価値の高い
ブラックオパr-ル リング
稀少価値の高い
ブラックオパール ルース

 

ブラックオパールの中にもバリエーションにとんだ色合いがあることをおわかりいただいたでしょうか?


オパールの種類・選び方・お手入れ方法
ホワイト オパール
ボールダー オパール
トリプレット・ダブレット オパール
オパールのヒーリングパワー
オパール商品ページ


 
Opal Bliss*Shop
Shop19, Ground FL Stockland Piccadilly Plaza, 210 Pitt Street, Sydney
NSW 2000 Australia Tel:61-2-9267-3236 Fax:61-2-9267-0729
Email:
yukari@comcen.com.au
フロントページに戻る次のページへ

Copyright(c) 2000 Opal Bliss. All Rights Reserved.
Created by CAGE ART & DESIGN